buttonMasato Tomobe @ Shimokitazawa La Cana (9th Oct '04)

33年目のトモさん - part1 -
友部正人 / Masato Tomobe
「さわると熱い君の肩を...」

 なんでだろうね。33年目のトモさんのライヴのことを書こうとすると、73年に発表されたアルバム『にんじん』の巻頭に収められている歌のフレーズが頭に浮かんだ。これは「ふうさん」という女性を歌ったもので、あの頃、どこかで彼女に会ったことがあるように記憶している。ぼんやりと彼女の顔が浮かぶんだが、どこでどんな風に出会ったのかはもう覚えてはいない。ひょっとして、写真を見ただけかなぁ...

 生まれて初めて買ったのがはっぴいえんどのデビュー・アルバム、通称『ゆでめん』で、2枚目に買ったのがトモさんの『大阪へやってきた』。発売されて間もない頃だったから、71年のことで、あれから33年ほどが過ぎたことになる。33回転のLPこそがレコードだったとき、あのアルバムを文字通りすり切れるほど聞いたもので、一番好きだった歌、「まるで正直者のように」という歌の歌詞をノートに書き写したり... そんな時代から30年以上が過ぎて、今もあの歌のような生活をしている自分に笑ってしまうことがある。
友部正人 / Masato Tomobe

 天王寺野外音楽堂でのライヴや高島屋で毎月開かれていた、チケット100円の六番町コンサート、それからもいろいろな場所でトモさんのライヴを見た。大阪を離れ、大学生となったとき、当時住んでいた岡山から京大西部講堂までタイヤのすり切れたホンダのNコロを転がして、あがた森魚の映画『僕は天使ぢゃないよ』の上映会に行ったときのこと。この日はライヴも開かれるということで、その出演者のひとりだったトモさんと近所の喫茶店で遭遇したこともある。カウンターの端っこに彼はいて、コーヒーを飲んでいたんだが、ここでも彼には「触れると凍てついてしまいそうな...」表情を感じていた。なにやら、やっぱり、どこかで遠い人だったように思える。
 当時、幾度もトモさんのライヴを見ていた。といっても、トモさんなんて呼べるようになったのは10数年前のことで、あの頃は遠くで彼を見ていることしかできなかった... というよりは、「触れると凍てついてしまいそうな...」、彼には周辺の人間を寄せ付けないような、そんな表情があった。

 国道26号線沿いの、難波の南にあった、今じゃ伝説のようになってしまった『ディラン』という喫茶店で、たった100円でライヴをやったときもそうだった。おそらく、20人も入れば満杯になるようなここで、彼が歌ったときも、彼が歌うのを見るだけ。声をかけるなんてできなかった。演奏が終わって店の外で、両手をお椀のようにしてこの日のギャラの百円玉を主催者(?)の福岡風太から受け取っているトモさんを見たときも、遠目でそんな光景を見ながら、駅に向かうだけだった。


友部正人 / Masato Tomobe
友部正人 / Masato Tomobe
 そのトモさんから小林旭の『さすらい』を教えてもらったのはコラム、『いかすぜ、マイトガイ、小林旭』で書いたとおり。他にも、シャンソニエ、バルバラの『Chante Barbara』というアルバムも、彼の歌がなかったら聞いてはいなかっただろう。特にこのアルバムに収められている「Nantes」という歌が好きなんだけど、いずれの歌にも感じるのは寂寥感であったり、どこかで、あてもなく旅をする人間の世界だった。後者の歌は、おそらく、そんな意味じゃないんだろうけど、トモさんが「バルバラのシャンソンでも聴きながら...」と歌うと、なぜか、そう思えたものだ。

 そんな時代からずいぶんと時間が過ぎているというのに、実をいうと、今でも時折、CD棚の奥の方から引っ張り出して聞いてしまうのが『にんじん』や『大阪へやってきた』。不思議なことに、このアルバムを聴くと、まるでこれまでの時間がなにもなかったかのように、トモさんの歌が10代だった頃と同じ響きを持って迫ってくるのだ。

 そんな意味でいうと、彼のライヴに行くのはちょっと怖い。要するに、10代の多感だった頃のインパクトがあまりに強烈で、今のトモさんが当時と同じように聞こえないように思えるからだ。


-->33年目のトモさん : part2

photo and comment by hanasan

photo report : 1 / 2 / 33年目のトモさん : part1 / 2

The official site

Masato Tomobe

http://www5a.biglobe.ne.jp/~hanao/


The latest album :

友部正人 / Masato Tomobe

"歯車とスモークドサーモン" (国内盤)





The latest live album :

友部正人 / Masato Tomobe

" あれからどのくらい"

previous works
original albums

"大阪へやってきた" (国内盤)
"にんじん" (国内盤)
"また見つけたよ" (紙ジャケット仕様)
"誰も僕の絵を描けないだろう" (紙ジャケット仕様)
"ベスト・セレクション" (国内盤)
"1976" (国内盤)
"なんでもない日には" (国内盤)
"ポカラ"(国内盤紙ジャケット仕様)
"カンテグランデ" (国内盤)
"6月の雨の夜、チルチルミチルは" (国内盤)
"はじめぼくはひとりだった" (国内盤)
"夕日は昇る" (国内盤)
"ライオンのいる場所" (国内盤)
"雲のタクシー(with 矢野誠)" (国内盤)
"けらいのひとりもいない王様国内盤" (国内盤)
"遠い国の日時計" (国内盤)
"僕の展覧会" (国内盤)
"奇蹟の果実" (国内盤)
"夢がかなう10月" (国内盤)
"少年とライオン" (国内盤)
"イタリアの月" (国内盤)
"ブルースを発車しよう" (国内盤)
"読みかけの本" (国内盤)
"友部正人プロデュースによるポエトリー・リーディング・アルバム〜no media 1" (国内盤)
"友部正人プロデュース・ポエトリー・リーディング・アルバム no media 2" (国内盤)
"休みの日" (国内盤)
"あれからどのくらい"(国内盤)
"何かを思いつくのを待っている"(国内盤)
"Speak Japanese,American"(国内盤)
compilation etc.

"KUROちゃんをうたう[compilation]" (国内盤)
"三宅伸治プロジェクトII Guitar's Talk[compilation]" (国内盤)
"プログレマン[compilation]" (国内盤)
"春一番ライヴ 72[compilation]" (国内盤)
"春一番ライヴ 77-78[compilation]" (国内盤)
"1974 HOBO'S CONCERTS IV~君のまわりをひとまわり~[compilation]" (国内盤)
"dankaiパンチ~東京に吹く風~フォーク編[compilation]" (国内盤)

Books

"ジュークボックスに住む詩人 2"
"友部正人 (現代詩文庫)"
"LIVE!no media 2004"
"ニューヨークの半熟卵"
"おっとせいは中央線に乗って"
"夜中の鳩"
"すばらしいさよなら"
"ジェネレーションF―熱狂の70年代×フォーク"
"ちんちくりん"
"耳をすます旅人"
"ジュークボックスに住む詩人 - エッセイ集"
"The Man In Me―ぼくのなかのディラン"
"空から神話の降る夜は"
"名前のない商店街"
"ぼくの星の声 - 友部正人詩集"
"空から神話の降る夜は"
"パリの友だち"
"生活が好きになった"
"絵の中のどろぼう"

DVD / Video

"音楽のちから ~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート" (国内盤)
"FFA FOLK DAYS VOL.4(with 遠藤賢司)" (国内盤)
"LIVE! no media 2006" (国内盤)
"伝説のフォークライブシリーズ VOL.3" (国内盤)


check the albums?

previous works

button2004

button The Dynamite Family Band : (29th Oct. @ Shimokitazawa Basement Bar)
button The Dynamite Family Band : (16th Oct. @ Kichijoji Warp)
button 33rd year of Tomo-san : Masato Tomobe : (9th Oct. @ Shimokitazawa La Cana)
button Masato Tomobe : (9th Oct. @ Shimokitazawa La Cana)
button Los Lobos : (3rd Oct. @ Asagiri Arena)
button FORCE OF NATURE (KZA&DJ KENT) : (3rd Oct. @ Asagiri Arena)
button Hanada Hiroyuki Band : (3rd Oct. @ Asagiri Arena)
button Jah Shaka : (2nd Oct. @ Asagiri Arena)
button The Stands : (2nd Oct. @ Asagiri Arena)
button Omosukoko Taiko : (2nd Oct. @ Asagiri Arena)
button Katteni Shiyagare : (2nd Oct. @ Asagiri Arena)
button Soul Flower Union : (26th Sept. @ Shinsaibashi Quattro)
button KEMURI : (24th Sept. @ Nagoya Quattro)
button KEMURI : (21st Sept. @ Shibuya O-East)
button Glam Rock Easter feat. Akima & Neos, Panta, Rolly, Issay and more : (16th Sept. @ Shibuya Quattro)
button The Dynamite Famili Band : (6th Sept. @ Shimokitazawa Shelter)
button Fermin Muguruza & Kontrabanda : (25th July @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonThe 3peace : (25th July @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonShang Shang Typhoon : (7th July @ Shinjuku Hanazono Shrine)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (26th June @ Glastonbury Festival, Pilton)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (23rd June @ Carling Apollo Hammersmith)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (22nd June @ Carling Apollo Hammersmith)
buttonDoberman : (20th June @ Shinjuku Loft)
buttonCocore : (12th June @ SSAMZIE SPACE BARAM, Seoul)
buttonSoul Flower Union : (11th June @ Shibuya Quattro)
buttonSoul Flower Mononoke Summit : (9th June @ Shimokitazawa 251)
buttonKenji Endo : (3rd June @ Shibuya Quattro)
buttonTheatre Brook : (1st June @ Shibuya O-East)
buttonTheatre Group Kibo Butai with Rie Arima : (27th May @ Kobe Bunka Hall)
buttonHige Gakudan : (23rd May @ Sapporo Sound Crew Basement)
buttonThe Johnny Boys : (23rd May @ Sapporo Sound Crew Basement)
buttonStreet Beat Festival feat. Sandokan & Manicomio Latino / Burning Heads / Doberman / Banda Bassotti: (25th Apr @ Museo Cervi in Reggio Emilia)
buttonStreet Beat Festival feat. Sandokan & Manicomio Latino / Burning Heads / Doberman / Banda Bassotti: (24th Apr @ Villagio Globale in Rome)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (17th Apr @ Leonkavallo in Milan)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (16th Apr @ Ku.Bo in Bolzano)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (15th Apr @ Estragon in Bologna)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (14th Apr @ Auditorium Flog in Firenze)
buttonShibusa Shirazu : (7th Apr @ Shibuya Quattro)
buttonShibusa Shirazu : (6th Apr @ Shibuya Quattro)
buttonTokyo Pinsalocks : (3rd Apr @ Shibuya BOXX)
buttonBleach : (3rd Apr @ Shibuya BOXX)
buttonLook Straight : Rie Arima (30th Mar @ Osaka Mindo Kaikan)
buttonRie Arima : (30th Mar @ Osaka Mindo Kaikan)
buttonThe 3Peace : (26th Mar @ Shinjuku Red Cloth)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (5th Mar @ Shibuya AX)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (4th Mar @ Zepp Tokyo)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (2nd Mar @ Nagoya Diamond Hall)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (1st Mar @ Namba Hatch)
buttonGHOST : (28th Feb @ SSAMZIE SPACE BARAM)
buttonCOCORE : (28th Feb @ SSAMZIE SPACE BARAM)
buttonMorio Agata : (18th Feb @ Hatsudai DOORS)
buttoninvisiblemansdeathbed : (18th Feb @ Hatsudai DOORS)
buttonKatteni Shiyagare : (14th Feb @ Shibuya 0 East)
buttonThe Johnny Boys : (13th Feb @ Shinjuku DOM)
buttonMeganoidi : (10th Feb @ Sangenchaya Heaven's Door)
buttonHowe Gelb with Califone : (7th Feb @ Shibuya Gabowl)
buttonMorgan Fisher : (6th Feb @ Nishiazabu Superdelux)
buttonGalactic : (5th Feb @ Shibuya Quattro)
buttonGoro Nakagawa : (1st Feb @ Shimokitazawa La Cana)
buttonKenji Endo : (31st Jan @ Kichijoji Star Pines Cafe)
buttonJagatara Matsuri feat. Sandi and Hula Angels / Dachambo / Jagatara Zoku / Shibusa Shirazu : (30th Jan @ Kawasaki Club Citta)
buttonShibusa Shirazu : (10th Jan @ Shibuya O - East)
buttonUdagawa Overheat Special Count Down Live feat. Lolita no.18, 50 OLDMAN, Taiyo Zoku, The Massmisile, The 3PEACE : (1st Jan @ Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE)
buttonThe 3PEACE : (1st Jan @ Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE)


-->more in 2003

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.