buttonMasato Tomobe @ Shimokitazawa La Cana (9th Oct '04)

33年目のトモさん - part2 -
友部正人 / Masato Tomobe
 そのトモさんと言葉を交わすようになったのは、タイのバンド、カラワンが初めて来日した頃じゃなかったかなぁ。(残念ながら、いつも使っているネットショップでアルバムはみつからなかったけど、『カラワン楽団の冒険―生きるための歌』という、彼らのことが書かれた本は入手可能のようだ)当時、アジアの音楽にも注目していた僕は、その来日よりしばらく前に、確か、すでに彼らと親しくなっていたトモさんを通じて、彼らとコンタクト。取材をするためにバンコクまで出かけていったように覚えている。軍事政権が権力を握っていた時代、ライフルを持ったゲリラに守られながらライヴをしていたというバンドで、そういった姿勢だけではなく、タイの音楽をベースにして、ライ・クーダーあたりにも接点を感じさせる彼らの音楽が新鮮で、全く違う世界で音楽する彼らとの取材結果は、当時の宝島という雑誌に発表したものだ。

友部正人 / Masato Tomobe  そんなカラワンを通じて、少しばかり親しくなったトモさんは、まだ若かった頃のイメージとは大きく違って、いつもにこにこしているほのぼのとした人物だった。なぜかは知らないけど、なんでも正直に話をさせられてしまいそうな空気をいつも漂わせいて、いつだっけか、とんでもないことを口にした記憶がある。今から思えば、よくもこんなことをいえたものだと思うのだが...

「ごめんね、トモさん。僕は昔のトモさんは大好きなんだけど、今のトモさんを聞いてもあまり感じないんです」

 おそらく、本当はとっても気分を悪くしたんじゃないかと思うんだが、トモさんは、やはり、にこにこしながら、

「仕方ないよ。花房君も変わったし、僕も変わったし....」

 でも、そんなトモさんが大好きで、10年ほど前まではときおり彼のライヴを見ていたりもした。

 その大好きなトモさんとほぼ10年ぶりに偶然会ったのが銀座でのこと。お互いが映画を見たあとで、お互い「どうしてるかなぁ」なんて思い出していた、そんなときだった。「不思議だねぇ...」って、この日は一緒にご飯を食べて、いろんな話を聞いた。今はニューヨークとと横浜を年に半分ずつぐらいで生活していることや、新しいアルバム『何かを思いつくのを待っている』を出したこと。それからしばらくして、横浜の『パパ・ジョン』でで飲んだとき、「値段が高いからCDは買えなかったんだ」と言うと、彼が「じゃ、コピーしてあげようか」って口にしたのはまいった。「そりゃぁ、やばいよ」と大笑いしたんだけど、やはりそんなトモさんが大好きで、結局、しばらくしてあのアルバムを買った。
友部正人 / Masato Tomobe

 思うに、この日は新しいアルバムに収録された曲が中心だったように思う。といっても、全然わからないんだけど、トモさん本人のお便りによると90年代以降の曲が中心だったとのこと。10年ほどの前のライヴでは、ただどこかでほのぼのした感じだけだったんだけど、どの曲だったか、一瞬、撮影の手を休めて聞き入ってしまったことがある。あの曲、なにだっけ? ひょっとして、「ニセブルース」って曲やりませんでした?ライヴに行く前にたった一度しか聞いていない新しいアルバムの、あの曲で自分が止まったに思えるんだけど、どうなんだろう。

 
 ほぼ10年ぶりのトモさんのライヴは、台風の日。10周年を迎えた下北沢のLa Canaという店で、以前、ここで、やはりあの時代から好きだった中川五郎を撮影したことがある。昔のフォーク喫茶のような雰囲気がある店で、この日、トモさんはロケット・マツという人物と一緒にステージに立っている。トモさんはいつも通り、ギター1本と、ときにハモニカを吹きながら演奏して、ひっそりとそのそばにいるマツさんは、アコーディオンやピアノや、正体不明のおもちゃの笛(のようなもの)やピアニカを取っ替え引っかけ手に取りながら演奏は進んでいった。

 台風だったにもかかわらず、まずまずの入りで、たんたんとライヴは進んでいくんだけど、演奏されたのは知らない曲ばかり。といっても、覚えているのは昔の曲だけだから、それも当然のこと。こんなところで昔の曲ばかり期待する方がおかしい。


友部正人 / Masato Tomobe
友部正人 / Masato Tomobe
 ロケット・マツとのコンビネーションはとってもいいようで、彼がぽろん、ぽろんと、あるいは、ちらっちらっと聞かせる、か細いようで、とても存在感のあるちっぽけな音を聞きながら、にこにこしているトモさんの表情がよくて、歌っていないときのトモさんの表情に何回もシャッターを押してしまった。

 さて、この日、10年ぶりのライヴは33年前のように自分の頭をぶん殴るようなことはなかった。でも、あの時は、あの時。今は今。「写真を撮らせてちょうだいよ」と、出かけていったライヴなのに、なにかを書きたくなったのは、おそらく、あの曲のせいじゃないかと思う。

 どうなんだろうね、33年目のトモさんは? ひょっとすると、触れると暖かい、安らぎを感じさせてくれるような声になったように思えるけど... 本当は、その裏にちらりと顔を覗かせる突き刺すような言葉にどきっとすることもあった。確かに僕も変わったし、トモさんも変わったはずだ。それでも、その根っこで相も変わらず、僕は僕で、トモさんはトモさんだった。結局、僕はまたトモさんの歌を聴き続けるんだろうな... 久々のライヴでそんなことを思った。


photo and comment by hanasan


==>top page : JPN / ENG

photo report : 1 / 2 / 33年目のトモさん : part1 / 2

The official site

Masato Tomobe

http://www5a.biglobe.ne.jp/~hanao/


The latest album :

友部正人 / Masato Tomobe

"歯車とスモークドサーモン" (国内盤)





The latest live album :

友部正人 / Masato Tomobe

" あれからどのくらい"

previous works
original albums

"大阪へやってきた" (国内盤)
"にんじん" (国内盤)
"また見つけたよ" (紙ジャケット仕様)
"誰も僕の絵を描けないだろう" (紙ジャケット仕様)
"ベスト・セレクション" (国内盤)
"1976" (国内盤)
"なんでもない日には" (国内盤)
"ポカラ"(国内盤紙ジャケット仕様)
"カンテグランデ" (国内盤)
"6月の雨の夜、チルチルミチルは" (国内盤)
"はじめぼくはひとりだった" (国内盤)
"夕日は昇る" (国内盤)
"ライオンのいる場所" (国内盤)
"雲のタクシー(with 矢野誠)" (国内盤)
"けらいのひとりもいない王様国内盤" (国内盤)
"遠い国の日時計" (国内盤)
"僕の展覧会" (国内盤)
"奇蹟の果実" (国内盤)
"夢がかなう10月" (国内盤)
"少年とライオン" (国内盤)
"イタリアの月" (国内盤)
"ブルースを発車しよう" (国内盤)
"読みかけの本" (国内盤)
"友部正人プロデュースによるポエトリー・リーディング・アルバム〜no media 1" (国内盤)
"友部正人プロデュース・ポエトリー・リーディング・アルバム no media 2" (国内盤)
"休みの日" (国内盤)
"あれからどのくらい"(国内盤)
"何かを思いつくのを待っている"(国内盤)
"Speak Japanese,American"(国内盤)
compilation etc.

"KUROちゃんをうたう[compilation]" (国内盤)
"三宅伸治プロジェクトII Guitar's Talk[compilation]" (国内盤)
"プログレマン[compilation]" (国内盤)
"春一番ライヴ 72[compilation]" (国内盤)
"春一番ライヴ 77-78[compilation]" (国内盤)
"1974 HOBO'S CONCERTS IV~君のまわりをひとまわり~[compilation]" (国内盤)
"dankaiパンチ~東京に吹く風~フォーク編[compilation]" (国内盤)

Books

"ジュークボックスに住む詩人 2"
"友部正人 (現代詩文庫)"
"LIVE!no media 2004"
"ニューヨークの半熟卵"
"おっとせいは中央線に乗って"
"夜中の鳩"
"すばらしいさよなら"
"ジェネレーションF―熱狂の70年代×フォーク"
"ちんちくりん"
"耳をすます旅人"
"ジュークボックスに住む詩人 - エッセイ集"
"The Man In Me―ぼくのなかのディラン"
"空から神話の降る夜は"
"名前のない商店街"
"ぼくの星の声 - 友部正人詩集"
"空から神話の降る夜は"
"パリの友だち"
"生活が好きになった"
"絵の中のどろぼう"

DVD / Video

"音楽のちから ~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート" (国内盤)
"FFA FOLK DAYS VOL.4(with 遠藤賢司)" (国内盤)
"LIVE! no media 2006" (国内盤)
"伝説のフォークライブシリーズ VOL.3" (国内盤)


check the albums?

previous works

button2004

button The Dynamite Family Band : (29th Oct. @ Shimokitazawa Basement Bar)
button The Dynamite Family Band : (16th Oct. @ Kichijoji Warp)
button 33rd year of Tomo-san : Masato Tomobe : (9th Oct. @ Shimokitazawa La Cana)
button Masato Tomobe : (9th Oct. @ Shimokitazawa La Cana)
button Los Lobos : (3rd Oct. @ Asagiri Arena)
button FORCE OF NATURE (KZA&DJ KENT) : (3rd Oct. @ Asagiri Arena)
button Hanada Hiroyuki Band : (3rd Oct. @ Asagiri Arena)
button Jah Shaka : (2nd Oct. @ Asagiri Arena)
button The Stands : (2nd Oct. @ Asagiri Arena)
button Omosukoko Taiko : (2nd Oct. @ Asagiri Arena)
button Katteni Shiyagare : (2nd Oct. @ Asagiri Arena)
button Soul Flower Union : (26th Sept. @ Shinsaibashi Quattro)
button KEMURI : (24th Sept. @ Nagoya Quattro)
button KEMURI : (21st Sept. @ Shibuya O-East)
button Glam Rock Easter feat. Akima & Neos, Panta, Rolly, Issay and more : (16th Sept. @ Shibuya Quattro)
button The Dynamite Famili Band : (6th Sept. @ Shimokitazawa Shelter)
button Fermin Muguruza & Kontrabanda : (25th July @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonThe 3peace : (25th July @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonShang Shang Typhoon : (7th July @ Shinjuku Hanazono Shrine)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (26th June @ Glastonbury Festival, Pilton)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (23rd June @ Carling Apollo Hammersmith)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (22nd June @ Carling Apollo Hammersmith)
buttonDoberman : (20th June @ Shinjuku Loft)
buttonCocore : (12th June @ SSAMZIE SPACE BARAM, Seoul)
buttonSoul Flower Union : (11th June @ Shibuya Quattro)
buttonSoul Flower Mononoke Summit : (9th June @ Shimokitazawa 251)
buttonKenji Endo : (3rd June @ Shibuya Quattro)
buttonTheatre Brook : (1st June @ Shibuya O-East)
buttonTheatre Group Kibo Butai with Rie Arima : (27th May @ Kobe Bunka Hall)
buttonHige Gakudan : (23rd May @ Sapporo Sound Crew Basement)
buttonThe Johnny Boys : (23rd May @ Sapporo Sound Crew Basement)
buttonStreet Beat Festival feat. Sandokan & Manicomio Latino / Burning Heads / Doberman / Banda Bassotti: (25th Apr @ Museo Cervi in Reggio Emilia)
buttonStreet Beat Festival feat. Sandokan & Manicomio Latino / Burning Heads / Doberman / Banda Bassotti: (24th Apr @ Villagio Globale in Rome)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (17th Apr @ Leonkavallo in Milan)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (16th Apr @ Ku.Bo in Bolzano)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (15th Apr @ Estragon in Bologna)
buttonStreet Beat Festival feat. The Movement / Fermin Muguruza & Kontrabanda / Banda Bassotti: (14th Apr @ Auditorium Flog in Firenze)
buttonShibusa Shirazu : (7th Apr @ Shibuya Quattro)
buttonShibusa Shirazu : (6th Apr @ Shibuya Quattro)
buttonTokyo Pinsalocks : (3rd Apr @ Shibuya BOXX)
buttonBleach : (3rd Apr @ Shibuya BOXX)
buttonLook Straight : Rie Arima (30th Mar @ Osaka Mindo Kaikan)
buttonRie Arima : (30th Mar @ Osaka Mindo Kaikan)
buttonThe 3Peace : (26th Mar @ Shinjuku Red Cloth)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (5th Mar @ Shibuya AX)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (4th Mar @ Zepp Tokyo)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (2nd Mar @ Nagoya Diamond Hall)
buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals : (1st Mar @ Namba Hatch)
buttonGHOST : (28th Feb @ SSAMZIE SPACE BARAM)
buttonCOCORE : (28th Feb @ SSAMZIE SPACE BARAM)
buttonMorio Agata : (18th Feb @ Hatsudai DOORS)
buttoninvisiblemansdeathbed : (18th Feb @ Hatsudai DOORS)
buttonKatteni Shiyagare : (14th Feb @ Shibuya 0 East)
buttonThe Johnny Boys : (13th Feb @ Shinjuku DOM)
buttonMeganoidi : (10th Feb @ Sangenchaya Heaven's Door)
buttonHowe Gelb with Califone : (7th Feb @ Shibuya Gabowl)
buttonMorgan Fisher : (6th Feb @ Nishiazabu Superdelux)
buttonGalactic : (5th Feb @ Shibuya Quattro)
buttonGoro Nakagawa : (1st Feb @ Shimokitazawa La Cana)
buttonKenji Endo : (31st Jan @ Kichijoji Star Pines Cafe)
buttonJagatara Matsuri feat. Sandi and Hula Angels / Dachambo / Jagatara Zoku / Shibusa Shirazu : (30th Jan @ Kawasaki Club Citta)
buttonShibusa Shirazu : (10th Jan @ Shibuya O - East)
buttonUdagawa Overheat Special Count Down Live feat. Lolita no.18, 50 OLDMAN, Taiyo Zoku, The Massmisile, The 3PEACE : (1st Jan @ Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE)
buttonThe 3PEACE : (1st Jan @ Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE)


-->more in 2003

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.