button Shamisen Nite @ Joe's Pub, N.Y.C. (18th Mar '06)

feat. Mika Uchizato, Keisho Ohno, Umekichi,
Yasukatsu Oshima & Takeharu Kunimoto
Mika UchizatoMika Uchizato Mika UchizatoKeisho Ohno
Umekichi
Yasukatsu Oshima
Takeharu Kunimoto
Takeharu Kunimoto Takeharu Kunimoto
 SXSWの開かれていたオースティンから18日にはニューヨークへ移動。それぞれバンドとやっていたミュージシャンたちも、これからはソロでステージに立つというスタイルでのツアーの始まりだ。しかも、会場によって若干の違いはあるものの、5人のアーティスト達がステージを分けるということもあり、それぞれに与えられた時間は15分から20分。それで充分に三味線の魅力を伝えられるんだろうか... という心配もしながらのツアー幕開けとなったのがこの日だった。

 会場となったのはジョーズ・パブ。なにやらアート・センターといった趣で、大きな建物の一部がレストラン、バー的な小屋として使われているのだが、この日は大入りでさい先のいいスタートとなる。

 最初にステージに立ったのは沖縄音楽界の若手のホープといった内里美香。伝統的な島唄の数々も素晴らしいんだが、今回のツアーで一緒になっている大島保克が作ったという、「川」という曲が染みた。といっても、この曲のみが大和の言葉で歌われていることもその理由なんだろうが、その歌に充分な説得力を持たせている、静かな力が内里美香にあるんだろう。

 オースティンではドラムス、キーボード、トロンボーンをバックにファンキーなジャズ・タッチの演奏をしていた大野敬正は、がらりと変わって伝統的なスタイルで津軽三味線を聴かせてくれる。すでにアメリカには吉田兄弟が同じスタイルを一般的なオーディエンスに紹介しているんだが、まるで自分に活を入れるように声を発し、目を閉じて演奏に集中する敬正にも惜しみない拍手が送られていた。

 映画『SAYURI』で脚光を浴びた「芸者」の世界を、おそらく彷彿させたのがうめ吉ではなかったかと思う。といっても、この映画を見ていないし、レヴューを読むとかなりの勘違いがあったと想像するが、それでもイメージとしてのあの世界を現実に見せてくれたのが彼女だったのは確かだろう。まずは躍りで登場し、特製の高座に上って正座で三味線を弾く。しかも、暗記したらしいんだが、きちんと英語で曲やスタイルの説明をしながら演奏をすすめていく細やかさにオーディエンスが飲み込まれたという感じだろうか。

 続いて登場したのは、このところ海外での演奏も増えてきたという大島保克。最新作、"島めぐり〜Island Journey〜"では、アイリッシュ・トラッドのアルタンのメンバーも加わって、素晴らしい作品に仕上げているんだが、なによりも圧倒されるのが、ピンと背筋を伸ばして聴いてしまいそうにある声だろう。残念ながら、ウチナーグチがほとんどで、実をいうと、唄の内容はほとんど理解できないんだが、それでも確実に心に響く。もちろん、その話はオーディエンスにもしているのだが、彼の唄の持つ圧倒的な力が静かに、確実に広がっていくのがわかった。

 最後を締めくくったのはエンターテイナー、国本武春。なにせイースト・テネシー大学に留学してブルーグラスを学んでいたということもあり、英語は理解しているはずだし、それを武器にしても良さそうなんだが、ほとんど語ることなく、真正面から日本語で歌うのだ。しかも、そのスタイルはひとりブルーグラスからボトルネックまで使うブルースやロックンロールまでが含まれている。そして、最後に絞めるのは浪曲「忠臣蔵」のさわりで、もちろん、日本語で語りかけているのだが、その表情や表現力のなせる技なんだろう。会場が笑いの渦に巻き込まれ、この日は予定外のアンコールまで登場した。しかも、それを要求していたのがこのクラブの店員達だったというのが面白い。実は、この三味線ショーの後、またライヴがあるというので、通常ではあり得ないことだったんだが、そうさせてしまった国本の「芸人」としてのパワーにぐうの音も出なかった。



comment and photos by hanasan



The official site

内里美香 (Mika Uchizato)

www.campus-r.com

The latest work :

Mika Uchizato

"風のションカネー"
(国内盤)

The official site

大野敬正 (Keisho Ohno)

www.k-sw.co.jp/k-sho

The latest work :

大野敬正

"ambience"
(国内盤)

The official site

うめ吉新聞

http://www.satoh-k.co.jp/ume/

The latest work

うめ吉

"大江戸出世小唄 (Oedo Shusse Kouta)"
(国内盤)
The official site

大島保克 (Ysukatsu Oshima)

www.ryuseygun.com

The latest work :

大島保克

"島めぐり〜Island Journey〜"
(国内盤)

The official site

国本武春 (Takeharu Kunimoto)

http://takeharudo.music.coocan.jp

The latest work :

Takeharu Kunimoto

"Sushi & Gravy"
(国内盤)

Search Now:
In Association with Amazon.com
アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works

button2006

buttonShamisen Nite : Mika Uchizato, Keisho Ohno, Umekichi, Yasukatsu Oshima & Takeharu Kunimoto : (23rd Mar. @ McCabe's Guitar Shop, Santa Monica)
buttonShamisen Nite : Mika Uchizato, Keisho Ohno, Umekichi, Yasukatsu Oshima & Takeharu Kunimoto : (22nd Mar. @ Yoshi's Bar, Oakland)
buttonShamisen Nite : Mika Uchizato, Keisho Ohno, Umekichi, Yasukatsu Oshima & Takeharu Kunimoto : (20th Mar. @ Schubas Tavern, Chicago)
buttonShamisen Nite : Mika Uchizato, Keisho Ohno, Umekichi, Yasukatsu Oshima & Takeharu Kunimoto : (18th Mar. @ Joe's Pub, N.Y.C.)
buttonShamisen Nite : Mika Uchizato, Keisho Ohno with The JK Soul, Takeharu Kunimoto with The Last Frontier & Umekichi : (17th Mar. @ Capitol Place, Austin, Texas)
buttonJapan Bash Party feat. Keisho Ohno with The JK Soul, Takeharu Kunimoto with The Last Frontier & Umekichi : (16th Mar. @ SXSW, Austin)
buttonKeisho Ohno with The JK Soul, Umekichi : (16th Mar. @ Cheapo Discs, Austin)
buttonBiuret : (21st Feb. @ Olympic Hall, Seoul)
buttonThee Fifties High Teens & Salome no Kutibiru : (13th Feb. @ Shimokitazawa Club 251)
buttonNaruyoshi Kikuchi & Pearl Brothers : (10th Feb. @ Shinjuku Loft)
buttonTheatre Brook & Art-School : (8th Feb. @ Shinjuku Loft)
buttonSorrow & Star Club : (2nd Feb. @ Daikanyama Unit)
buttonKemuri : (21st Jan. @ Zepp Sapporo)
buttonShinjuku Loft 30th Aniversary - Rock of Ages 2006 - : feat. Kurumi Enomoto, Yakozen, Carmen Maki, Panta(17th Jan. @ Shibuya O East)
buttonShibusa Shirazu : (14th Jan. @ Shibuya O East)

button2005

buttonKemuri : (27th Dec. @ Shibuya O East)
buttonSka Flames : (24th Dec. @ Shibuya Club Quattro)
buttonSoul Flower Union : (17th Dec. @ Lquidroom Ebisu)
buttonModern Folk Quartet : (15th Dec. @ Yokohama Thumbs Up)
buttonSoul Flower Acoustic Partisan : (6th Dec. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
buttonKid Carpet : (28th Nov. @ Barfly London)
buttonBanda Bassotti : (25th Nov. @ SO36 Berlin)
buttonKemuri : (22nd Nov. @ Liquidroom Ebisu)
buttonWillie McNeil & Sono Lux : (8th Nov. @ King King, Hollywood)
buttonDoberman : (2nd Nov. @ Shibuya Quattro)
buttonDoves : (30th Oct. @ Shibuya AX)
buttonUmekichi : (29th Oct. @ Asagaya Space Valio)
buttonShibusa Shirazu & Zoobombs : (23rd Oct. @ Ueno Suijo Ongakudo)
buttonShibusa Shirazu : (16th Oct. @ Yokohama Thumbs Up)
buttonUmekichi : (14th Oct. @ Aoyama Mandala)
buttonGwang Myeong Music Valley Festival (8th Oct. in Gwang Myeong, Korea) feat. Hata & Ran, Monotype, Starry-Eyed & Murmur's Loom / Cabinet Singalongs / Oh! Brothers / Amature Amplifier / Peppertones / Mongoose / Sogyumo Acacia Band / Kafka / Slow June / Cosmos / Bluedawn / Sweater / 49morphines / Vassline / Lee Jang-Hyuk / My Aunt Mary / Huckleberry Finn / Deli Spice
buttonGwang Myeong Music Valley Festival (7th Oct. in Gwang Myeong, Korea) feat. Snowdrop Sixteen, & Tearliner, Underwear Band, Edao, O So-Young & Bird, Han Dong Jun & Jang Pil Soon, feat. Jo Dong-Jin, Lee Seung-Yeol, Lee Tzsche, Lee Byung-Woo, Hahn Dae-Soo
buttonUmekichi : (4th Oct. @ Saitama Heaven's Rock VJ3)
buttonElectrelane : (2nd Oct. @ Asagiri Jam)
buttonThe String Cheese Incident / Sun Paulo : (1st Oct. @ Asagiri Jam)
buttonTheatre Brook : (30th Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonSoul Flower Union : (28th Sept. @ Nagoya Electric Lady Land)
buttonK' DO, Taeko Onuki : (27th Sept. @ Nagoya Blue Note)
buttonTheatre Brook : (26th Sept. @ Nagoya Quattro)
buttonDouble Famous : (24th Sept. @ Daikanyama Unit)
buttonKatteni Shiyagare : (23rd Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonTheatre Brook with Tabaccojuice : (19th Sept. @ Sendai Macana)
buttonTheatre Brook : (18th Sept. @ Sendai Macana)
buttonKemuri, : (17th Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonKemuri with Potshot, Rude Bones, and Tijuana Brook, : (16th Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonFantomas with Zu : (5th Sept. @ Shibuya Quattro)
buttonKemuri with No Hitter : (23rd Aug.. @ Sapporo Bessie Hall)
buttonKemuri with Largenal Nature : (22nd Aug. @ Asahikawa Casino Drive)
buttonLittle Joe Washington with Jungle Hop : (16th June. @ Shibuya Quattro)
buttonPealout : (11th June. @ Fukuoka Drum Son)
buttonKemuri : (17th May. @ Kawasaki Club Citta)
button寿 [kotobuki] and 桃梨 [momonashi] : (12th May. @ Hatsudai Doors)
buttonDown Beat Rulers : feat people and DJs, Los Rancheros, Little Fats & Swingin' hot shot party, akiko & The Travellers and The Ska Flames: (3rd May. @ Ebisu Garden Hall)
buttonTheatre Brook : (24th Apr. @ Shinjuku Loft)
buttonSAVE The TOWN & The EARTH! feat. Dachambo, ピンボールドライヴ &Bobin & The Mantra : (22nd Apr. @ Shimokitazawa 251)
buttonSAVE The TOWN & The EARTH! feat. sayokotonara, So So So, Gerhen Oshima, kizu Sisters : (21st Apr. @ Shimokitazawa 440)
buttonShibusa Shirazu : (17th Apr. @ Shibuya Quattro)
buttonShibusa Shirazu : (13th Apr. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
buttonBloodest Saxophone : (10th Apr. @ Kawasaki Club Citta)
buttonKatteni Shiyagare : (10th Apr. @ Kawasaki Club Citta)
buttonMozaik : (9th Apr. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
buttonMozaik with with Hiroshi Yamaguchi & Akiko Hamada, Soul Flower Mononoke Summit : (8th Apr. @ Shibuya Duo Music Exchange)
buttonMozaik : (3rd Apr. @ Kyoto Takutaku)
buttonShibusa Shirazu : (1st Apr. @ Shinjuku Pit Inn)
buttonStreet Beat Festival '05 feat. Banda Bassotti, Bombshell Rocks, and The Slackers : (19th Mar. @ Villagio Globale in Rome)
buttonStreet Beat Festival '05 feat. Banda Bassotti, Bombshell Rocks, and The Slackers : (18th Mar. @ Babylonia in Ponderano)
buttonStreet Beat Festival '05 feat. Banda Bassotti, Bombshell Rocks, and The Slackers : (17th Mar. @ Teatro Polivalente Occupato in Bolgna)

-->more in 2005

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.