buttonAsagiri Jam It's a beautiful day
@ Asagiri Arena (7th to 8th Oct '06)

- intro -
Asagiri Jam
 ラインナップの発表を待たずしてアッという間にチケットが売り切れてしまったのが今年の朝霧ジャム - イッツ・ア・ビューティフル・デイ -。始まって以来初の快挙でもあるこの事実が物語っているのは、なによりも朝霧ジャムというフェスティヴァルそのものの魅力が広く一般に知れ渡っていったことではないかと思う。とはいっても、それほど多くのメディアがこれを取り上げているわけでもない。おそらくは実際にこの「祭り」を体験した人たちによるネットや口コミでの情報が最も大きなメディアとなって機能したんだろう。まるで「情報化」社会をあざ笑うような事態は、マス・メディアの不毛を雄弁に物語っている。

 一方で、いわゆるビッグ・ネームを列挙した某大型フェスティヴァルがその開催期間の二日で、フジ・ロックの前夜祭にも満たない数のオーディエンスしか集めることができなかったという話も興味深い。スポンサーの力(金)とバンドの知名度やに寄りかかって「生まれるものはない」というのが見事に証明されている。フェスティヴァルは「祭り」であり、そのものが文化なのだ。それは金や政治が生み出すものではなく、主催する側の姿勢から巻き込まれる人々、そして、集まってくる人々こそから生まれるもの。その全てが有機的に機能してこそ、「フェスティヴァル」があるのであり、そのエネルギーが絡まってとてつもない「時間と空間」が姿を見せる。今年の朝霧ジャムが生み出してくれた幸せな人々の表情は、その結果に他ならない。

 さらに加えて、雲ひとつない天候もまたこの「幸せ」を演出してくれた。開催日前日は台風のような雨と風で会場の準備に大きな支障が生まれたという話は現場で働くみなさんから聞いていた。それを跳ね返して準備を進めてくれたみなさんに感謝せざるにはいられない。おそらくは、そのご褒美なんだろう。からりと晴れ上がった会場を刻々と姿を変える富士山が優しく見下ろしてくれていた。

 そんな幸せな空間をこれから徐々にここでお伝えしていくことになります。といっても、写真や文章なんぞ、会場にやってきた人々が体験した光景や空気と比較すればたわいないものかもしれない。ただ、それがみなさんの脳裏に刻み込まれたそんな「幸せ」な時間と空間を呼び起こす素材となってくれれば、それ以上の幸せはないと考えています。



comment and photos by hanasan

Asagiri Jam : It's a beautiful day - intro - (JAP / ENG)

7th (sat) & 8th (Sun) Oct

Clammbon
Ron Sexsmith
Michael Franti and Spearhead
Chris Pierce
Cool Wise Men
Zion Train
Brinsley Forde
==>top page : JPN / ENG

The official site

Asagiri Jam

http://smash-jpn.com/asagiri/



The official supporters' site

Asagiri Jams

http://www.asagirijams.org/


check the albums?

previous works

button2006

buttonUri Nakayama (10th Oct. @ Yoyogi Zher the Zoo)
buttonClammbon, Ron Sezsmith, Michael Franti & Spearhead, Chris Pierce, Cool Wise Men, Zion Train, Brinsley Forde (7th to 8th Oct. @ Asagiri Arena)
buttonMichael Franti & Spearhead (5th Oct. @ Liquidroom Ebisu)
buttonFaiz Ali Faiz, Kayhan Kalhor, DuOud with Abdulatif Yagoub, Gnawa Diffusion & Mercan Dede & Secret Tribe (2nd to 4th Oct. @ Tokyu Bunkamura Theater Cocoon)
buttonAsylum Street Spankers with Uri Nakayama (17th Sept. @ Shibuya Club Quattro)
buttonFumio Ito and Gen Ueda, Magnolia, Keison, Caravan, Pocaskajan, Eye Don't Nose, Hige, Moon Riders, Ban Ban Bazar, The Blues Power with Monsieur Kamayatu, Kodama & The Dub Station Band, Marcos Suzano, Takashi Numazawa with Haruka Sakota, Leyona, Taiji All Stars, Kemuri (18th to 19th Aug. @ Rising Sun Rock Festival)
buttonSleep Walker (11th Aug. @ Shibuya Club Quattro)
buttonSoul Flowwer Mononoke Summit with Kotobuki (15th Jul. @ Tokyo Kinema Club)
buttonSleep Walker (23rd Jun. @ Shibuya Club Asia)
buttonSoul Flower Union (11th Jun. @ Shinjuku Loft)
buttonBen Harper & The Innocent Criminals (9th Jun. @ Shinkiba Studio Coast)
buttonBen Harper & The Innocent Criminals (9th Jun. @ Nagoya Diamond Hall)
buttonBen Harper & The Innocent Criminals (7th Jun. @ Namba Hatch)
buttonBen Harper & The Innocent Criminals (6th Jun. @ Hiroshima Club Quattro)
buttonBen Harper & The Innocent Criminals (5th Jun. @ Fukuoka Drum Logos)
buttonBen Harper & The Innocent Criminals (3rd Jun. @ Zepp Tokyo)
buttonBen Harper & The Innocent Criminals (2nd Jun. @ Yokohama Blitz)
buttonAllen Toussaint (1st Jun. @ Harajuku Blue Jay Way)
buttonMishka (27th May. @ Yokohama Osanbashi Hall)
buttonRico Rodriguez with Cool Wise Men (6th May. @ Nagoya Up Set)
buttonRico Rodriguez with Cool Wise Men (5th May. @ Esaka Muse Hall)
buttonDown Beat Ruler feat. Bagdad Cafe The Trench Town & The Ska Flames with Rico Rodriguez (3rd May. @ Ebis Garden Hall)
buttonSka Cubano (2nd May. @ Roppongi Hills Arena)
buttonJanet Klein (24th Apr. @ Shibuya Club Quattro)
buttonBanda Bassotti (17th Apr. @ Parco Degli Acquedotti, Rome)
buttonBanda Bassotti (8th Apr. @ Zapata, Genova)
buttonBanda Bassotti with Talco (7th Apr. @ C.S.A. Paciana, Bergamo)
buttonBanda Bassotti (4th Apr. @ Piazza Mercato, Marghera)
buttonBanda Bassotti with Brigada Flores Magon (1st Apr. @ Villagio Globale, Rome)

-->more in 2006

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.